リサイクルトナーのことならトナートナーリサイクルン

リサイクルトナーと3R

3Rと言うのを知っていますか?3Rというのは、「リサイクル(Recycle)・リユース(Reuse)・リデュース(Reduce)」のことで、頭文字の3つのRをとって3Rと言います。

この3つはこれから環境問題を考えていく上での、資源とゴミ問題を解決する3つのキーワードと言われています。リサイクルトナーもこの3つのRのうちの1つリユース(Reuse)を実行しているのです。

このページでは3Rについて紹介していきたいと思います。

Recycle(リサイクル=再利用する)

これは有名ですね。ほとんどの人が知っていると思いますが、いらなくなった物を捨てるんじゃなく、分類して集めて“再利用する”ことですね。一般的に知られているところでは、新聞紙や牛乳パック、ペットボトル、空缶、などのリサイクルでしょう。

リサイクルにも2つの種類マテリアルリサイクルとサーマルリサイクルがあります。

1つ目のマテリアルリサイクルは、廃棄される物を材料として、その廃棄物とは別の製品を作るという再利用法の事です。これは、本来なら捨てられるものを新しい製品にするので、ゴミが減るというメリットがあるのですが、再利用する時にも、新しい物を作るのと同じようにエネルギーを使うことになるので、これで沢山のエネルギーを使ってしまうとリサイクルの意味があまり無くなってしまいます。このような問題もあるということも知っておきたい部分です。

2つ目のサーマルリサイクルは、廃棄される物を燃料として再利用する方法です。
基本的には燃やしてしまうということですので、あまり地球にやさしいとは言ないのですが、ゴミをただ燃やしているよりは再利用につながっているのでいいことです。

Reuse(リユース=再使用する)

リユースは、いらなくなった物を捨てるんじゃなく、洗浄や修理してもう一度その製品として使うということです。

ビールやジュース等のビンを回収して再利用するリターナルビン等が一般的に知られているリユースではないでしょうか。それとリサイクルトナーの使い切ったトナーカートリッジを回収してまた使うと言うのもこのリユースになります。

最近だと、古着屋やリサイクルショップも注目されて、リサイクルショップやフリーマーケットなども人気があります。

今までの機能をもう一度復活させて使用すれば、そのものに使われるエネルギーや自然に与える環境汚染は最小限で止まります。ですのでリユースは、リサイクルよりも地球にやさしいRではないかと思います。

Reduce(リデュース=廃棄物を出さない)

最後の3Rは、リデュースです。このリデュースと言うのは、いらなくなったものを捨てること自体を見直すということです。

自分に必要の無いものを買わない、ゴミになりそうな使い捨ての物などを使わない等、根本的にもの自体の量を減らすことで自然に優しい生活にしようと言うことです。

ゴミの量を減らすということを考えるとこれが一番簡単な方法で一番効果があるのではないかと思います。

でもすぐに実行に移すのは難しいかも知れません、私たちは今まで、新しいものや便利なものを次から次へと開発して、便利な生活の中に積極的に取り入れてきました。携帯電話や洋服、日常生活でつかうお皿や割り箸もですね。環境に優しくするためには、私達はこの生活を少しずつでも変えなければいけません。

しかし、先にあげた2つと比べると、このリデュースが地球に一番優しくそして一番簡単に取り組める方法じゃないでしょうか?ほんの少しだけ視点を変えて、自分たちの生活にもこのリデュースを取り入れて行きましょう。

+2つのR(リフューズ=断る)(リペア=修理する)

この3Rにプラス2つのリフューズ(Refuse)リペア(Repair)を加えた5Rというのもあります。

リフューズは断る、大げさな包装や、コンビニや食堂での使い捨ての箸やスプーンを断る。「リペア」は修理すると言う意味で、壊れたものも捨てないで修理して長く使うという意味です。これも少し気にすればすぐ実践できるRですね。