リサイクルトナーのことならトナートナーリサイクルン

用紙のトラブル

トナーカートリッジの不良だけでは無く、コピー機の調子や用紙の選択によっても印刷の制度は大きく変わってきます。コピー機と合わない用紙を使うと、インクが薄い状態で印刷されたり、コピー機内部を傷つけてしまったり、で良いことがありません。さらに熱に弱い用紙の場合はコピー機の中で用紙の状態が変わってしまうので本体自体を壊してしまう可能性も出てきます。ここではどのような用紙がコピー機に悪いのか等を紹介していきます。

コピー機で使用のできない用紙

■高温で変質する紙

・感熱用紙
・表面加工してあるカラー用紙
・紙の表面に特殊なコーディングが施されている用紙
・糊などの着いている用紙
・定着器の熱(約150度)で溶解・燃焼・蒸発したり有害なガスを発生するインクを使用している用紙

■紙づまりを起こしやすい紙

・薄すぎたり厚すぎる用紙
・グニャグニャしたり不規則な形の用紙
・湿気で湿っている用紙や水などで濡れている用紙
・破れてしまっている用紙
・表面が粗い用紙やあまりにもつるつるしすぎている用紙
・ミシン目やバインダー用の穴のある用紙
・カールした用紙や折り目のある用紙
・紙の表面部分に特殊なコーディングが施されている用紙
・裏紙が簡単にはがれてしまう等のラベル紙

■故障や損傷の原因になる紙

・カーボン紙
・ホチキスやクリップ、リボン、テープなどが付いたままの状態の用紙

用紙の保管

コピー機の規格に合っている用紙を使っていたとしても、その保管の仕方が悪いと用紙が変質してしまうこともあります。

変質した用紙を使ってしまうと給紙不良や紙づまりの原因になってしまったり、印字品質を低下させてしまうこともあるので、用紙を保管する場合には、次のことにも注意してみてください。

■用紙保管

・用紙は水分や湿気を嫌いますので、できるだけ湿度の無い所で保管して湿らさないようにしてください。
・用紙が梱包されている梱包紙は湿気を防ぐ働きをしてくれます。使用する直前までは梱包したままで保管して下さい。また、使用しない用紙がある場合には梱包紙に包んで保管しておいてください。
・用紙の歪みや形が着くのを防ぐため出来るだけ平らな場所に保管してください。
・床面は一般的には湿気が高い場所なので用紙を直接床に置かなようにして下さい。
・用紙が丸くなったり、折り目が着いてしまうような置き方はしないでください。
・用紙を立てて保管をしたり、あまり沢山積み重ねないでください。
・直射日光があたってしまう場所や湿度が高い場所には保管しないようにしてください。

以上のような事に注意して用紙を使ってみて下さい。紙詰まりや故障の原因にもなる要素なので、その防止にも役立つと思います。